トップページへ戻ります。
東北・庄内応援ツアー 2011年5月2日〜4日

1日目 鶴岡駅 == 鶴岡市役所 == 藤沢周平記念館 == 加茂水族館 == 湯野浜温泉
2日目 湯野浜温泉 == いこいの村庄内 == 庄内映画村 == 山五十川 == 羽黒山「斎館」
3日目 羽黒山 == 注連寺 == 知憩軒 == 鶴岡公園 == 鶴岡駅

 当初は「庄内の美味いものと温泉を巡る旅」と題してこのツアーを企画していましたが、3月の東日本大震災に伴い、一時は中止も考えました。
しかし「むしろこういうときだからこそ実施し、故郷にお金を落とすべき」と考え、趣旨と内容を変更して実施しました。
 この旅の玄関・鶴岡駅に到着し、まずは記念撮影です。(写真右)
〔鶴岡市役所〕
まず最初に鶴岡市役所を訪れました。
直接被害は少なかったようですが、風評で観光客が減少したとのことで、少しでもお役に立てればと
市長に義援金を手渡しました。
我々の市役所訪問が地元紙「庄内日報」に掲載されました。
詳細は「応援ツアーで、ふるさと鶴岡へ義援金」をご覧ください。
〔藤沢周平記念館〕
藤沢周平は郷土の誇る文豪です。その記念館が昨年オープンしました。
ここでは、日本を代表する時代小説家・藤沢周平の作者自身と作品の原点に触れることができます。
〔加茂水族館〕
この水族館は小規模ながら「クラゲ水族館」として有名です。
ノーベル化学賞で一躍脚光を浴びたオワンクラゲを始め数多くのクラゲの生態を見ることができ、
種類の多さでは世界一です。
〔湯野浜温泉〕
日本海の海岸沿いに建つ湯野浜温泉「愉海亭みやじま」で宿泊です。
露天風呂で心身を癒やし、郷土料理に舌鼓みをうちました。
〔いこいの村庄内・庄内映画村〕
「いこいの村庄内」は心身共にリフレッシュできる施設です。
屋内には温泉・レストラン・宿泊施設などがあり、広大な庭園では四季折々の花を楽しむことができます。
庄内映画村は東京ドーム20個分の敷地に、様々な場面のオープンセットが用意され見学することができます。
また「おくりびと」をはじめ数多くの名作の撮影現場としても近年注目されています。
〔山五十川 ヤマイラガワ
山五十川には郷土の誇りが数多く存在します。
樹齢1500年、国指定天然記念物の「玉杉」を観賞し、歌舞伎舞台「山五十川歌舞伎」やお能舞台「山戸能」を楽しみました。
またこの日、非常に珍しい自然現象「彩雲」を見ることができました。(写真上段右)
〔羽黒山「斎館」・注連寺〕
斎館は羽黒山の参籠所です。ここで洗練された精進料理を味わい、修練者の気分で一夜を過ごしました。
翌朝訪れた注連寺は湯殿山にある弘法大師にまつわるお寺で、七五三桜・天井画・即身仏などで有名です。
〔知憩軒〕
地元の名店「知憩」で昼食です。美しい庭園散策も楽しみの一つです。
〔鶴岡公園〕
鶴岡公園には「雪の降るまちを」モニュメントがあります。
日本中の人々に愛唱されるこの曲は、作曲家・中田喜直が鶴岡の雪景色や旅の想い出をメロディーにしたものだといわれています。

このページのトップへ     アルバムメニューへ戻る     HOME