大正堂の広告塔をLED化

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

taisho_do_1

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

taisho_do_2

[/wc_column][/wc_row]このたび家具の大正堂様の広告塔照明のLED工事をご用命頂きました。

家具の大正堂様は町田・神奈川を中心とする首都圏全域に店舗展開する高級家具専門店で100年の歴史を有しております。

店舗は、国道・県道などの主要道路に面しておリ建物規模の大きさとともに、大きな広告塔にも特徴があります。

同店では今、広告塔照明の管理コスト削減と照明効果の増強を図る目的で、LED化工事が進められております。

これまで広告塔などの照明は水銀灯なとに代表される放電灯が主流でしたが、効率や寿命に問題がありました。一時期、長寿命の無電極放電灯が注目を浴びた時期もありましたが、今ではランプと器具の改良が進み、LED照明が一般的となりました。

このたびは、相模原本店をはじめ7店舗の改修のご用命を賜りました。この改修により、大幅な電力消費削減とランブ交換などのメンテナンス費用削減を果たすことが出来ました。特に地上高のあるランプ交換費用が高額なものとなってしまうからです。

また、LED照明の特徴である点光源は、そのスポット効果により、看板などの証明には最適といえます。

弊社では、このような作業も直営の社員技術者が行うため、アフターサービスの面でも、お客様の大きな信頼を得ております。