デジタルテレビ中継局用電源工事

現在のアナログ放送は、2011年7月24日をもってデジタル放送に代わります。2003年12月から始まったデジタルへの移行は、順調にそのエリアを拡大、デジタル化ロードマップは、ホームページでも知ることができます。

総務省発信 デジタル化ロードマップ

今回当社では、長い顧客でもある庄内電機(株)様から、箱根山山頂のデジタルテレビ中継局用電源工事を受注しました。

その概要を下の写真で紹介します。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

箱根山山頂の中継局まで荷物運搬用道路が未整備で、ヘリコプターを使用

箱根山山頂の中継局まで荷物運搬用道路が未整備で、ヘリコプターを使用

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

山頂に運ばれた電線やケーブルは、CTV100mm2を中心にほぼ10t

山頂に運ばれた電線やケーブルは、CTV100mm2を中心にほぼ10t

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

トラックが使える麓の作業現場。ここが電源供給場所となる

トラックが使える麓の作業現場。ここが電源供給場所となる

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

麓から山頂の中継局まで510mを7個のハンドホールで結ぶその作業

麓から山頂の中継局まで510mを7個のハンドホールで結ぶその作業

[/wc_column][/wc_row]