トップページへ戻ります。
第2回鶴岡市市政報告会
−鶴岡ファンを増やす会−
平成30年2月9日
会場  江戸川区タワーホール船堀

 東京都内では第2回目となる鶴岡市市政報告会が、江戸川区にある「タワーホール船堀」において開催されました。会場には、600人を超える鶴岡市出身者をはじめ関係者が集まり、入りきれないほどとなり、関心の高さがうかがえました。
 報告会は二部構成で、一部では皆川新鶴岡市長がプロジェクターを使い、発展する鶴岡市の様子を紹介しました。参加者はふるさと鶴岡市の発展変貌ぶりに、改めて驚いた様子。 
 さらに、街づくりの柱として取り組む「バイオサイエンスパーク食文化創造都市」についても、熱のこもった報告となりました。参加者は希望あふれる鶴岡市を再確認し大きな期待を寄せました。
 第二部は、参加者同士の交流会となり、地元庄内から運び込まれた日本酒・ワインや郷土料理の鱈汁を味わいながら、あちらこちらに歓談の輪ができました。久しぶりに会った旧友との懐かしい話、市の職員たちとの情報交換などとても有意義な交流会となりました。
 鶴岡市は時代劇小説作家藤沢周平の生まれた所であると同時に、懐かしい歌「雪の降る街を」のふるさとでもあります。参加者全員で合唱して閉会しました。

関連記事 → 庄内日報ニュース
HOME