トップページへ戻ります。
スリランカでボランティア活動

「子供の森計画」に参加
2014年9月21日〜25日
 オイスカは現在世界32カ国の国と地域で農村開発、環境保全、人材育成に取り組む国際協力NPOです。
 オイスカは、スリランカでは1992年より子供たちの「自然を愛する心」をはぐくみながら地球緑化を進めるプログラムである「子供の森計画」を実施し、スリランカ各地の学校で子供たちの植林や環境教育活動を支援しています。
 豊かな自然を未来に渡って守っていくためには、地域住民自らがその地の自然を守り育む意欲と知識を持つことが重要です。そこで「子供の森計画」では学校の敷地や地域で子供たち自らが楽しみながら木を植え育てることを学び、また村人たちの協力体制を構築していくことで、村全体の森作りや環境保全への意欲を高め「ふるさと」を守り育むことを学びます。
成田で一行が合流

静かな郊外で最初に泊まったホテル
街の魚屋さん、コロンボ市内 首都コロンボの渋滞

市内のあちらこちらでの道路工事
街を出た国道沿いの果物店 近郊農村での登校風景
スリランカ代表的歴史遺産シギリアロック これからシギリアロックに登る

日本からのボランティアを正装で出迎える教員の方々
校庭での歓迎式典 子供たちは「日の丸」を振って歓迎
子供たちに囲まれ記念撮影
高学年(中学生)による歓迎の踊り 子供たちによる歓迎の踊り

歓迎の踊りを一緒に観る
学校の校庭に約100本の木を植えた 「子供の森計画」は、子供の心にも木を植える 子供たちは屈託がない
サインを求められた 「オイスカ農場」のパパイヤ 今年は雨も少なく収穫も減少とのこと
9月は地方議員選挙の最中 最終日にホームステイ先で石塚町長と ホームステイ先での朝食(石塚町長と)

このページのトップへ     アルバムメニューへ戻る     HOME