社員研修旅行

4月13日~14日にかけて、長野・松本方面へ社員研修旅行に行ってまいりました。

諏訪大社下社秋宮

ものづくり歴史館(セイコーエプソン本社内)

 

「エコアクション21」 更新

eco_actionエコアクション21は、環境省が策定したガイドラインに沿って、省エネルギー、省資源、廃棄物削減などの環境改善を行う取り組みに対しての認証・登録制度です。

ホンマ電機も2012年にこれに取り組み、厳しい審査を経て認証されました。
今回も無事審査に合格し、2回目の更新です。

「エコアクション21」について
詳しくは → こちら

年末恒例 お餅つきとバーベキュー

毎年、年末には、お供え用の餅をつきます。
社内レクリエーションも兼ね、焼き網・鉄板を囲んでお酒を酌み交わしながら一年を締めくくります。

01

様々な願いを込めてペッタンペッタン! 来年も良い年でありますように…

 

03

女性軍はお料理に大忙し。

02

男性軍は一杯飲みながら待ちます。

04

恒例の「餅つき&BBQ」も無事終了、来年も良い年でありますように!

 

ボーノ広場のクリスマスツリー点灯式

相模大野の名物になったショッピングセンター・ボーノでは、毎年一階の広場にクリスマスツリーを設置します。
弊社ではこの広場のツリーの飾り付け工事や、その周りの通路、植え込みの電飾工事等を請け負い2日間かけて工事します。
飾り付けが完了し、11月6日に点灯式が行われました。 動画はこちら

bono1

ハンドベル演奏のアトラクション

bonu2

見物人も いっぱい

bono3

点灯した巨大なクリスマスツリー

 

bono4

通路の天井にも電飾

bono5

植え込みも幻想的に

 

地元のふるさと祭りに数々協力

第26回「上鶴間地区ふるさとまつり」が相模原市立谷口中学校にて行われました。この祭りは、地域住民のふるさと意識を育て心の通い合う明るい街づくりを進めることを目的に毎年行われています。
グランドと中央に設けられた舞台では数々のアトラクションが行われ、それを囲むようにたくさんの模擬店が立ち並び、連日猛暑が続く中でしたが、多くの地域住民が集まり年に一度の夏祭りを楽しみました。
ホンマ電機は会場の設営、運営、出店などいろいろな面でサポートしました。

 

matsuri1

舞台やグランドで行われたアトラクション

matsuri2

見物人も いっぱい

 

matsuri3

夕方から始まった盆踊り。もちろん「新相模原音頭」も演奏されました。 ちなみに、舞台で歌っているのは岩木淳さん、中央で踊っているのは当社の本間専務です。

 

matsuri4

青パト隊も協力体制

matsuri5

ホンマ電機ゆかりの山形名物「だだちゃ豆」の販売もしました。

設立40周年記念式典・祝賀会

ホンマ電機は今年節目を迎え、6月14日にラポール千寿閣に於いて「設立40周年記念式典・祝賀会」を執り行いました。当日は約150名のお客様にご参加いただき、記念式典及び祝賀会は新社長のお披露目もかねて和気藹々のうちに進められました。

0

式場のラポール千寿閣

1

一階ロビーで受付開始

2

三階フェニックスの入り口でお出迎え

3

式典は羽黒山の山伏によるお清め・祝詞奏上で始まりました

4

会長・本間俊三のご挨拶

5

新社長・本間健士のご挨拶

6

相模原市長 加山俊夫様に御祝辞をいただきました

7

衆議院議員 甘利明様に御祝辞をいただきました

 

8

衆議院議員 あかま二郎様に御祝辞をいただきました

9

相模原市議会議長 阿部善博様に御祝辞をいただきました

10

式典の一環として永年勤続表彰を行いました

11

花柳真菊鳳こと本間セツ専務による感謝の舞

12

祝賀会開始の合図、鏡開き

13

そして乾杯。相模原市病院協会会長・黒河内三郎様に音頭をとっていただきました

14

歓談のひととき

15

16

 

17

18

19

20

民謡歌手と尺八・和太鼓・津軽三味線による演奏が場を盛り上げてくれました

21

専務によるお礼のご挨拶

22

お見送り

23

「今後ともよろしくお願い申し上げます」

新社長就任

2015年4月、ホンマ電機は40周年を迎えるにあたり社長交代を行いました。新社長には本間健士が就任し、前社長本間俊三は会長兼相談役に就任いたしました。
下記にそのご挨拶文を掲載させていただきます。

shin_shacho_aisatsu

zen_shacho_aisatsu

データ保全策完了

DSC_6287弊社の事業継続計画(BCP)の一環として、まず手始めにデータ保全策を完了させました。

企業が自然災害、大火災等の緊急事態に対策を立てることは、3・11以降にわかに注目されてきました。
弊社も、事業継続に重要度の高いものを検討した結果、お客様に関する作業経歴、顧客カルテ等のデータであるとのことから、次の対応をとりました。

まず、データは信頼性の高いサーバーにて運用し、かつ外部ハードディスクにバックアップをとります。さらに、遠隔地にもう一つバックアップを取ることとしました。

弊社にとって、データの保存が事業継続に必要であり、ひいては、お客様にも役立つと考え、最初に対策を立て1月下旬に完了しました。

 

事務所一部拡張

弊社の社員が増えたことにより、事務所が手狭になりました。
特に、納品業者との商談、現場作業員のパソコン入力業務スペースの確保が急務でありまた。

今回、3坪ほどではありますが拡張することで、業務の利便性が期待通り上がりました。

DSC_6291

本社からせり出した拡張部分

DSC_6288

内部は結構広く使えます。